堀江工務店のサービスご紹介イメージ画像

当店の家づくり

Service

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEH(ゼッチ)住宅とは簡単に言うと省エネ住宅のことで、国は2020年までに標準的な新築住宅をZEHに、2030年までに新築住宅の平均がZEHになることを目指しています。

ZEHは光熱費を抑えられ、補助金がもらえるなどお得な面がありますが、詳しくはお問い合わせください。

ZEHとは「使うエネルギー≦創るエネルギー」になる住宅

ZEH(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略。

ひと言で言えば「使うエネルギー≦創るエネルギー」になる住宅を指します。

厳密には設計一次エネルギーの消費量と創るエネルギー量の収支をゼロ以下にする住宅なのですが、ややこしいのでまずは「使うエネルギー≦創るエネルギー」で覚えましょう。

断熱

ZEHとして認定されるためには暑さや寒さに影響されにくいよう断熱性能を高めることが必要です。具体的には断熱材や窓の性能を高めます。断熱性能が上がれば、冷暖房に使うエネルギーを減らすことができます。

省エネ

「省エネ」にはHEMS(ヘムス)という、住宅内の消費エネルギーと太陽光発電等で創るエネルギーを確認できるシステムが必要になります。

また省エネタイプのエアコンや、少ないエネルギーでお湯を沸かせる高効率な給湯システム、消費電力の少ないLED照明などの導入が必要になります。

創エネ

ZEHでは太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムを備えることが求められます。

この「創エネ」で創り出すエネルギーが、消費するエネルギーを上回るようにしなければなりません。

高断熱化によって住宅内の温度差が小さくなるため、ZEHはヒートショックのリスクを低減することができます。

酷暑や厳寒を我慢しなくても、エアコンの効きがよいため省エネでも快適に過ごせます。

太陽光発電があれば停電時でも電気を使えます。つまり光熱費を抑えられるだけでなく、安心で快適な暮らしが可能になることがZEHのメリットなのです。

お年寄にやさしい家

ご自分の家の中は安全と思っていませんか?

長年暮らし、慣れ親しんでいるご自宅。

しかし、普段何気なく生活していても、お年を重ねると見えてくる危険がたくさん潜んでいるのです。

当店では老後も、より安全で快適に暮らせる住まいづくりをご提案いたします。

*

みんなが集う、共有スペース

段差なし!安心の床

すり足で歩くことも多い高齢者の方にとって、小さな段差はつまづきやすいもの。

車椅子の利用も考えて、家の中の段差は極力なくしましょう。

堀江工務店の、段差なし!安心の床

転倒防止!階段リフォーム

階段や廊下に手すりを設置すれば転倒をより防止できます。

階段の幅を広く取り、途中で一息つける踊り場を設けると、より安心です。

堀江工務店の、転倒防止!階段リフォーム

安全な水回り

負担を軽く!バスルーム

重大事故も多発している浴室は、特に検討して設計したい場所。

床と浴槽のふちまでを低くしてまたぎやすくする、浴槽内に手すりをつける、床は滑りにくい素材にする、など様々な対策をご提案いたします。

ヒートショック対策に、暖房設備も忘れずに。

堀江工務店の、負担を軽く!バスルーム

頻繁に使う場所だから、トイレは心地良く

年齢を重ねるにつれ、トイレの回数は増えるもの。

出入り口は、車椅子でも大丈夫なように、最低80センチの幅を取るようにすることをオススメしています。また、引き戸にして、便座にアームレストを設置すれば、立ち上がりもスムーズに。

堀江工務店の、頻繁に使う場所だから、トイレは心地良く

子育てにやさしい家

忙しい子育てママの目線で、
効率的な間取りや動線、収納をご提案します。

家事・子育ての負担が減り、心と時間に余裕が生まれれば、ご家族とのコミュニケーションが増えることでしょう。

当店は、お客様の大切なお子さまの感性が豊かにすくすく育つこと、そしてますます明るいご家庭になることを願っております。

重要なのは「間取り・動線」

例えば、ママが家の中で一番長くいる場所はキッチン。

そのキッチンの近くに洗濯のできる空間があれば、料理をしながら、洗濯を効率的に行うことができます。無駄をなくすことで、ママの負担軽減に繋げられたらと考えております。

堀江工務店のご提案、重要なのは「間取り・動線」

収納の確保も重要!

使うモノが、すぐに取り出せて、すぐに片付けることができる場所にあるか。実は案外、収納場所が効率的な場所にはないご家庭が多いのです。

室内空間の大きさを最大限に保ちながら、かつすぐ手の届くところに収納がある、そんな効率的な収納をご提案いたします。

堀江工務店のご提案、収納の確保も重要!

家計にやさしい家

それは、高気密・高断熱の家

高気密・高断熱の家とは、壁・床・天井などに断熱材を使って、
高い気密性と断熱性を実現した家です。

快適であることはもちろん、エコでもあるため、電気代もお安くなります。

高気密・高断熱でない家のデメリット

  • 1、高い冷暖房費
  • 2、冬場のヒートショック、夏場の熱中症のリスクが高い
  • 3、結露が発生しやすく、見えない内部結露は家の寿命を縮める大きな要因に

高気密・高断熱の家で誤解されやすいイメージのひとつは、「空気がこもる」ではないでしょうか。

「高気密」は空気の漏れによる室温変化を抑えること、壁の内側の結露を防止することであり、室内そのものを密閉することではありませんので、ご安心してください。

高気密・高断熱の家にするメリット

高気密・高断熱の家にするメリットに関するイメージ画像

プロが教えるDIY

当店にご注文いただいたお客様に、端材を差し上げております。

簡単な造作物、DIYなど、端材を利用しながら、ご一緒に造ることも可能です。

椅子や棚、木製品など「自分で造ってみたい」という方は、お声がけください。

アドバイスさせていただきながら、完成した瞬間を分かちあいたいと考えています!

堀江工務店のDIYイメージ画像1
堀江工務店のDIYイメージ画像2
堀江工務店のDIYイメージ画像3
堀江工務店のDIYイメージ画像4

Contactお問い合わせ

住まいのお悩み、どのような事でも、
お気軽にご相談ください。

0182-33-3392

営業時間8:30 ~ 17:00
定休日土日祝

0182-33-4791

Scroll Top